logo
 メインメニュー
 
・意見広告に掲載した団体
・05年総選挙,各党の九条に対する態度一覧
リンク
  九条の会
  市民意見広告運動
  映画 日本国憲法
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 新規登録

フォーラムを利用するには、ユーザー登録をお願いします。 新規登録はこちらから → 【新規登録】
メイン
   渡辺えり子講演会
     法人認印
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 話題
yksdya
投稿日時: 2012-9-7 15:05
新米
登録日: 2012-9-7
居住地:
投稿: 8
法人認印
法人認印

法人の認印(印鑑)について教えてください。法人印の印面内容ですが、外枠には会社名、内枠には実印では「代表取締役印」銀行印では「銀行之印」等と彫られていますが、法人認印の内枠にはどんな文字を入れるのでしょうか?現在使用している認印の印面がつぶれてきて作り変えようと思っていますが、内枠に何て彫られているか読み取れなく社印て困っています。宜しくお願いします。法的には、「法人名印」の認印でも勿論有効です。そもそも、記名押印または署名のみで有効ですので、署名してあれば、押印すら必要ありません。(遺言書を除く)また、印鑑は、印鑑登録したものである必要は全くありません。一般的には、「法人名+代表取締役+印」の事が多いですが、「法人名印」でも三文判登録は可能かと思います。とは言え、内部統制とか商慣行の面から、「法人名印」だけという事は少ないようです。「法人名印」+「法人名+署名権者名+印」というように二つつく事が多いようです。勿論、これは法的な義務ではなく、任意で行っているものです。小生は、行政書士有資格者の法務部員で会社印鑑すが、他の法務部員の法的知識の少なさに閉口している毎日です。周りの間違った意見に振り回されないようにご注意ください。この本人のハンコとはどこでも手に入る認印ではなく、基本的には実印となります、何故なら実印なら印鑑証明から本人のハンコと容易に分かるからです。例えば、契約書法人認印に実印が押されている場合を考えてみれば、実際はどうであれ「本人の意思で作成した書類にハンコを押した」となり、そのことを覆すには、何者かが印鑑を持出し書類に押印した場合、その事を本人が認めなければなりません、実際にはその様な証明をする事は困難なのです。契約書に押印をする側実印作成の立場なら契約書の押印は認印でも、実印でも構わない、という事になるとしても、契約書に印鑑を押して貰う側の立場なら押印は実印で貰うべきとなります。実印で押印されていれば印鑑証明により本人のハンコと証明することで、契約書が本人の意思に基づいたものだと推定される為、契約書が会社実印本人の意思により作成された事を別途に証明する必要がなくなるからです。だから実印の保管は厳重にしていないと実印を持出され押印されてしまうと、その効果を覆すのは非常に困難になるのです。実印でなければならない契約書とそうでない契約書があります。契約の重要度によって異なります。ですが普通は「契約書が必要」=「重要な事項」ということで実印と考えて差し支えありません。代表取締役個人の名字の印鑑では駄目会社は、代表者とは別の人格を持っています。法律上人と同じ権利を持つということで「法人」と言います。代表者と会社は別人なので、代表者の印鑑を会社の印鑑の代用とするのはダメです。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
Powered by XOOPS 2.0 © 2001-2003 The XOOPS Project